ヒゲが走る。ハノイ

Macarons marbrés violet aux raisins secs et rhum


ラム香りがついた紅茶なるものをいただきました。
これは!

焼きたかったマカロンにぴったり。
バイオレットのマーブル。



ラムの香りがついた紅茶とバイオレットでマーブルに。
中にはラムレーズンのクリーム。



イメージがはっきりしたので作業開始。
と、まぁ。後にこのワクワクは、こっぱ微塵に粉砕なのですが・・・笑









Macarons marbrés violet aux raisins secs et rhum

IMG_5055.jpg






いつもより少しだけ大きめに絞り出し。


おっつ---・・・
マーブル微妙。色うすっ。






IMG_5051.jpg





色素を多めに入れたのですが、それでもこの色味。
うーん。。。

あの量入れてこの色味。
なんだ?おかしいぞー。






IMG_5047.jpg






マーブルわかりにくっ。






IMG_5049.jpg






パッキパキのド派手をイメージしていただけに、見るほどにテンション下がりっぱなし。






IMG_5050.jpg






ピエ部分もやっぱりマーブルわかりにくい~






IMG_5053.jpg




挟んだクリーム。
生クリーム、ホワイトチョコ、クリームチーズ、バター、砂糖、ラムレーズン


これよろし。
私の好きな感じです。

もう少しバター増やして砂糖減らして・・・と要調整ですがおおよそ完成。






IMG_5054.jpg






バイオレットと言えば私の中ではセクシャルバイオレット by 桑名正博
ド派手こそバイオレット、上品さ不要。 笑



ラムレーズンとでオトナなマカロン、がイメージだったんだけどなぁ。






IMG_5052.jpg






それにしてもマーブル。
なかなかイメージ通りにあがらないもんです。


早いトコすっきりしたいなぁ。




続。マーブル。







  1. 2016/01/31(日) 07:37:43|
  2. マカロン・クッキー・サブレ
  3. | コメント:0

スコーン


スコーン。

と、ひとまとめに言ってもその食感や味わいは様々で。



ザクザクほろほろのものもあれば、サクサクふんわりもある。
どれが正解?といつもの悪い癖でつい正解を求めてしまうけれど、いやスコーンは・・・



作り手の好みなんだろうな。
食べてもらう相手の好みなんだろうな。



でも美味しいもの、って線引きはどっかにあるはずだから美味しいスコーン、を焼きたい。





シンプルゆえに、使う粉やバターが含む水分の違いによっても仕上がりや風味は異ってくる。
でもきっと。おウチで焼いた焼きたてスコーンがそんなもんを飛び越えてきっと一番美味しい。


って思ってます 笑












スコーン

IMG_5021.jpg






口が割れることが良し、な訳ではないけれど。
でも、そこはスコーン。やっぱりパックリとワニの口 が嬉しいです 笑






IMG_5010.jpg






大きく口を開けたところをパッカ~んてするのが気持ちいい。




がぉぉぉぉぉ~






IMG_5020.jpg






外はサクサク&中はしっとり、で。






IMG_5019.jpg






クロテッド・クリームじゃないけど(そんなもん冷蔵庫にない)笑
サワークリームと生クリームにほんのちょっとハチミツを合わせたモノとラズベリージャムのっけて。

スコーンにジャム、好きだなぁ。






IMG_5011.jpg






子ブタ1号は、チーズとツナのせて。
子ブタ2号は、スクランブルエッグとトマトのせて。




雨で憂鬱な週末ですが、朝ごはんたんまり食べると少しは気が晴れる単細胞で良かったなぁと思います。笑







  1. 2016/01/30(土) 11:31:58|
  2. マフィン・スコーン
  3. | コメント:0

クリームチーズのプリン


ケーキに使うには足りない量でちょっとだけクリームチーズが残っていました。

それを使ってプリンを。









クリームチーズのプリン

IMG_4973.jpg






卵、牛乳、生クリーム、砂糖、バニラビーンズ、クリームチーズ。






IMG_4975.jpg






焼き色つかない低めの温度でオーブンで湯煎焼き。






IMG_4977.jpg






クリームチーズと卵液のバランスが難しいなぁ。






IMG_4976.jpg






カラメルは作らず、今回はキャラメルシロップで。
食べる時に上からほんのちょっとだけ。



カラメルはたくさん作ってタブレットにしておけば便利、ってわかってるのについつい後回し。笑



クリームも何もおかないシンプルプリン。

卵は全卵使用にしました。卵白余りなし。
卵黄だけ使って生クリームたっぷりが濃厚で美味しいんだけど全卵使用の気軽さはやはり嬉しいなぁ、と思います。

目の細かいザルでしっかり濾す作業はさぼらず。




それにしてもプリン、久しぶりに作りました。
子供のころ、母親が作ってくれた『穴だらけ』のプリンを思い出しました。
いわゆる昔ながらの固めでしっかりしたプリン。
なめらかなトロけるようなプリンも美味しいし大好きですが。
私の中でプリンといえばアノ『穴だらけ』のしっかりしたプリン、かもなぁ 笑










  1. 2016/01/29(金) 09:25:41|
  2. 冷たいお菓子
  3. | コメント:0

シナモン&バナナシフォンケーキ


少し久しぶりのシフォンケーキ。


バナナを好んで食べることはないのですが、お菓子に使ったバナナはとても好きです。
これまた大好きなシナモンと合わせてシフォンケーキにしました。









シナモン&バナナシフォンケーキ

IMG_4970.jpg






焼きあげ後、半日以上待ちました。






IMG_4972.jpg






ところどころに顔を出すバナナと生地の亀裂から見えるシナモン。

・・・やっぱり好きだなぁ 笑






IMG_4971.jpg






焼きあがったシフォンを色々な方向から見つめる私を見て、掃除のおばちゃん苦笑い。

そらそーなります。笑






IMG_4968.jpg






シナモンとバナナで焼き色とはまた違うブラウンに染まったシフォンケーキ。

しげしげ見ると、何かしら発見がある。
やっぱり、作るってオモロイなぁ。












  1. 2016/01/29(金) 09:04:30|
  2. シフォンケーキ
  3. | コメント:0

湯種山食


異様な寒さにブルブル震える毎日。。

早く暖かくなってください・・・


隙間風がどこからともなく吹き込んでくるのはここベトナムではどうしようもなく。
特にキッチンの窓際からは激しく隙間風が吹き込んでくるのでなるべくキッチンに立ちたくない今日この頃です。

ものぐさ母さんに更に磨きがかかっております 笑









寒くてもパンを捏ねると身体が温かくなるので寒い日はパンを捏ねるに限る、と思います。
捏ねあげに苦労するものほど温かくなる。

と、いうことで。
24時間寝かした湯種でコレでもか、とまとめにくい生地で山食を 笑















湯種山食

IMG_4969.jpg






今回は三つ山に。






IMG_4966.jpg






真ん中が飛び出るように分割し。






IMG_4967.jpg






上から見ると、ちょと不気味・・・






IMG_4965 (1)






湯種を窯伸びさせたくて、焼き温度と焼き方を少し変えました。






IMG_4964 (1)






ご立派ご立派。

コレはあったかい煮込み料理と食べるとします。
切って炒めて鍋に放り込んであとはグツグツ。。。

ほぼ放置の煮込み料理。
放置することで美味しくなるなんて、なんと素晴らしい

ものぐさの、ものぐさによる、ものぐさのための煮込み料理。笑

キッチンに立つ時間短いし、部屋はあったまるし。
そして何より身体があったまる。一石三鳥。





早く暖かくなりますように。。。










  1. 2016/01/28(木) 08:34:41|
  2. パン
  3. | コメント:0

ココナッツのベーグル



ちょっとおもしろいベーグルを焼きました。

ココナッツの砂糖漬けを使ったベーグル。
テトの時に食べるお菓子なのかな?友人がお手製のココナッツの砂糖漬けを作ってくれました。
一緒に大根と人参の砂糖漬けももらいました。
ココナッツの砂糖漬けは売っているそうなのですが、この大根と人参は売っていないらしく家で作るものらしいです。

そのココナッツをちょっとベーグルに。
一緒にゴマとプレーンも焼きました。


450gで6個。大きめベーグル。







ココナッツのベーグル

IMG_4844.jpg



フィリングにココナッツの砂糖漬けを使いました。
上にかかっているのはフレッシュココナッツ。

バインセオを作る時に削りたてのココナッツを絞ってココナッツミルクを取ったので、その削りたてココナッツを少しベーグルに。
ココナッツは油脂が多いので生地には混ぜ込まず上にのせただけ。
フレッシュココナッツをパンに使うのは初めて。
なんと贅沢な 笑







IMG_4839.jpg




プレーンと。




IMG_4837.jpg




ゴマと。





IMG_4838.jpg




フレッシュのココナッツ。
香りは圧倒的に乾燥させたココナッツの勝ち。

結論。フレッシュをわざわざのせる意味なし。笑




IMG_4845.jpg




フィリングは、ココナッツの砂糖漬けとレーズン、そしてチョコ。




IMG_4846.jpg



ココナッツの砂糖が溶けて生地に染み込み、ココナッツは砂糖漬けの時と触感が変わっていました。
砂糖漬けの時はサクサクですがフィリングにしたら少ししっとりに。
おもしろい。




IMG_4841.jpg





ココナッツにはクラック出ませんでしたが、プレーンとゴマはピキピキ、と。

別段すんごいヒットではなかったけど、おもしろいベーグル作りではありました。
こういうベトナムならではのおふざけ、結構好きです。
大概、あれれ? な結果になるんだけど 笑














  1. 2016/01/27(水) 09:01:38|
  2. パン
  3. | コメント:0

Cakes à la banane et à la noix de coco 


友人から 『お寺で作ってるバナナ』 なるものをいただきました。

お寺で作っているので全くの無農薬、とのこと。
小ぶりでとっても甘そう。



バナナ好きの子豚たちにバレないように2本だけ拝借しました。






それを使ってバターケーキ。
カトル・カールです。








Cakes à la banane et à la noix de coco
バナナ&ココナッツのバターケーキ


IMG_4742.jpg






バナナをレモン汁とラム酒で合わせ、それをココナッツの入った生地に混ぜ込みました。






IMG_4743.jpg





焼きあがり。
ココナッツ好きにはたまらない香りでいっぱい。






IMG_4721.jpg





ラム酒とシロップをたっぷり打ち込んで。
その後3日~待ちます。






IMG_4744.jpg






今回、いつもと違うココナッツファインを使いました。
使っていたものがなくなったので。


そしたら。
前回のおからパウダー の時もそうだったのですが、いつも通りのグラム数で計量すると異様に嵩が多い。
恐らく2倍近い嵩の差。

同じココナッツファインでなぜにこうも違う?という位の差。


当然、生地を混ぜる時に違和感。
む、謎。。。
ココナッツファインの乾燥具合の差なのかな?

まだ調べられていません




たっぷりのラムとシロップを打ち込み3日寝かしたけれど、しっとり加減納得いかず。
う~ん、、、









ハノイでのお菓子作りはいつも予想外の所でつまづきます。
日本だったら考えつかないだろうな、て疑問がいっぱい。

ありがたいのか、ありがたくないのか。
よう分かりませんが 笑 


でもコレもまた楽しい、なんだろうな。












  1. 2016/01/26(火) 08:36:45|
  2. バターケーキ
  3. | コメント:0

Macarons au chocolat et l'orange



やっと色素を買いました。

ハノイにも Wilton があったので、それを。
粉末色素はありませんでした。
アイシングの時は Wilton だったけどマカロンでは初めて。
ジェルでマカロン。お初。


ベトナム製の色素もあります。
値段もぐっと安く手に入ります。
色が出ない訳ではないし全くダメな訳でもない。
でもやっぱりやや発色が悪く、特に赤がくすんでた。

だからもう使わない 笑


ベトナム産でも日本同様の質のものもあります。
おまけに安いから見つけたらちょと嬉し。
全てが日本のもの、輸入品が勝っている訳じゃない。
それでもやっぱり追いつかないものもあるから、そこはうまく選んで使えたらいいな。って思います。


Wilton は日本で買うより安いです。






今回はオレンジと茶。










Macarons au chocolat et l'orange

IMG_4884.jpg






使用量の加減が分からず、なんとなく。
控えめできれいな色がでました。


パッキパキの原色もかわいくて好きなので、次は量を増やしてやってみよ。






IMG_4906.jpg





小さめマカロンが50個。
こんなにできても2枚組み合わせたら25個。


マカロンて・・・やっぱりあの高い値段にはちゃんとした理由がある 笑
作るほどに納得してしまう。。。






IMG_4881.jpg






色、やっぱり渋め。笑






IMG_4885.jpg






中のガナッシュは2種。

ホワイトチョコのガナッシュにはコアントローとオレンジピール。
スイートチョコのガナッシュにはラム酒。






IMG_4886.jpg






直径3㎝に満たない小さなマカロン。
ひと口サイズ。



3日ほど冷蔵庫で寝かしてから食べ頃です。


最近 『3日寝かして』 の類が多い気がします・・・





さて。次は何色使ってみようかな。
楽しみまたひとつ。


















  1. 2016/01/25(月) 07:34:13|
  2. マカロン・クッキー・サブレ
  3. | コメント:0

Gâteau week-end l'orange


コノ寒さは・・・ハノイに来て以来。

身体の節々が痛い。。。完全におばーちゃんと化したようです 笑




一歩も外に出たくない。
そんな時は、あったかい飲み物とケーキで寒さを凌ぐに限ります。と思います。





週末用に作っておいたこのケーキ。
思わぬところで大活躍、となりました。










Gâteau week-end l'orange

IMG_4847.jpg






週末に郊外や別荘に持っていくお菓子(gâteaux de voyage)のひとつ。
週末に大切な人と過ごす時間に食べるお菓子。


すんごいフランスっぽい 笑


『別荘』 も 『大切な人と過ごす時間』 もそんな眩しいモノたちとは縁のない私ですが
このケーキはとても好きです。






IMG_4850.jpg






レモンのガトーウィークエンドが一番有名かな。
今回はオレンジで。


オレンジでコンポートを作り、それをたっぷり生地に使いました。






IMG_4852.jpg






サワークリームを入れた生地はしっとり。
作ってる時からオレンジのいい香り。


焼きあがりの生地もほんのりオレンジ色。



アンビバージュはコンポートを作った時のシロップとコアントロー。
たっぷり打ち込んでおきました。






IMG_4848.jpg






2日寝かして食べ頃かな。
3日は我慢できませんでした 笑






IMG_4849.jpg






子供たちはレモンよりこのオレンジの方が好きで、これは喜んで食べます。
レモンより食べやすいんだろうな。

グラスロワイヤルは今回はなし、です。






IMG_4854.jpg






オレンジのコンポートと一緒に作った苺のセミ・コンフィ。
また作ってしまいました。

今回の苺はとっても大粒なので、ぷにゅぷにゅゼリーみたい。
また楽しみがひとつでけた~








  1. 2016/01/24(日) 11:01:10|
  2. バターケーキ
  3. | コメント:0

Cake aux semi-confiture de fraises


作りたい作りたいと思いつつ作れずだったもの。

年明けすぐに作った苺のセミ・コンフィ をやっと使いました。






コレが作りたかった。
苺のセミ・コンフィを使ったバターケーキ。








Cake aux semi-confiture de fraises
苺のセミ・コンフィのバターケーキ

IMG_4789.jpg






バターケーキではありますが、バターはかなり少なくしました。
ジェノワーズを作る要領で卵を泡立て、サワークリームと溶かしバター。

バターケーキだけど軽い。



アンビバージュはセミ・コンフィを作った時の苺の香りいっぱいのシロップとコアントロー。
キルシュ酒がない。けどコアントローも良いです。
しっかり打ち込んだら、ぴっちり包んで数日間。。。






IMG_4791.jpg






苺のセミ・コンフィは大きめ苺は中の果肉がぷるんとゼリーみたい。
小さめは、くにゅっとドライフルーツのような食感。






IMG_4775.jpg






分かりにくいですが、生地はほんのりピンク。






IMG_4776.jpg






オーブン開けた途端、苺の香りが部屋いっぱいに。
こりゃあかん。幸せだ。笑






IMG_4778.jpg






生地が緩いので、苺たちが下に・・・笑
これ、要改善






IMG_4790.jpg






苺は軽くシロップをふき取ったものをコアントローと合わせて生地に加えました。






IMG_4795.jpg






フレッシュな苺だと加熱することでどうしても香りや瑞々しさが失われがちだけど、このセミ・コンフィはそれがない。
そしてコンフィチュールよりずっと苺感のあるセミ・コンフィ。

毎度毎度のセリフですが。笑
最初にこれを考えついた人、すごいなぁ。






IMG_4794.jpg






今回は軽めの生地にしたけれど、どっしり重いケーキでもイイな。






IMG_4796.jpg






今回は3日間寝かしてからパクリ。
このケーキは6歳のコブタ1号のお気に入りに。


コレまた作って。て言ってましたが・・・いやいや、コレはそんな簡単には作らんよ 笑






  1. 2016/01/23(土) 08:49:58|
  2. バターケーキ
  3. | コメント:0
次のページ